フライフィッシングをやってみるまで 〜前編〜

_DSC5141
スポンサーリンク

OSSANは20代の頃に「歳をとったらFFをやろう」と決めていました。

何故かって?ん〜〜いわゆるひとつの。。。。。。

  もったいぶってすみません。

単にバスフィッシングに夢中だったんですなw

もちろん今でもバスは釣りたいですがね、釣れないんですよ、バス。

単にOSSANが下手っぴなだけということも有るんでしょうが、20代〜30代の頃と比べて明らかに釣れなくなりました。

まあ、内水面の生態系のトップに当たる魚種でしょうからね、増え続ければ自分の種も存続できないわけで、 愚かな人間に推し量れない自然界のリミッターが作動しているのだと思うことにしておるのですが。

40代の体力を引きずって数少ない年間休日と可処分所得を費やし、一日中眼尻釣り上げてキャストを繰り返すのに少々気後れする年齢に達しましたな。

2014春、5月だったかな?久しぶりに娘の保育園のパパ仲間と河口湖へ行き、ボートを出して、

ぐりんぐりんの丸坊主

を食らった時は堪えました。。。

今でも何だったんだろうアレは、、、と言う感じでしたな。。。

そのあとね、考えました。霞、北浦、亀山行っても満足に釣れないし、釣行回数もめっきり減ってしまいましたな。

十数本のロッド、リール、引き出し型の大型及びアタッシェ型ルアーボックスの中に待っている、きっと使い切れないだろうルアーの山、、、

それをね、夜中にメンテ、整理しながら何故か感じましたですな。

「・・・・ああ、もう十分なんだなあ」と。

ちょっと泣けてきましてね。

それからしばらくしてロッド、リール7セット、アタッシェ型ケースに収まるだけのルアーを残して、

断捨離しましたな。

_DSC5140

ドナドナされなかった幸運なルアー達

_DSC5139

大好きなワーム類も厳選。 もう使いきるまで買わないと決意しましたな。

 
パッケージに入ったままの新品ルアー、「何回使ったの?」という7”11フリッピングロッド、ブランド信用して買ったは良いがまるで駄目だったリール諸々、、、、、

中古釣具買取大手にどっさり置いてきました。

_DSC5141

結局最初に買ったボックスのほうが残りましたな。 プラノの1258だったかな? 初期型、ハンドルが細くて手が痛くなりますww

昔は中古でタックル安く揃える手立ては少なかったな〜。こんな店もなかったし、当然ネットオークションとかもなかった。

少々ノスタルジーに浸ってましたらね、後ろのほうでコソコソ話。

「すげー量」「何で売るんだろうね」「ルアーだけで何個だろ」等など、、 数人の小学校中学年と思しき少年が目をキラキラさせてOSSANのタックルを見てるんですな。

少しだけ救われた気がしましたな。

遥か昔のOSSANと同じ目をした少年たち。

こうして手放した道具たちは(少しだけ手を出しやすい価格になって)また新たな主人の元で使ってもらえるんですな。

こんな少年たちに使ってもらえたら最高だな。。。

                    時間切れ。睡眠も大事。ということで続きますw      

スポンサーリンク