養沢は深く、やはり美しかったですな

IMG_1091

始まったばかりに思える激闘。

その終わりは思った通りあっけなく訪れましたな。

・・・止まった・・・

正確に言えば限界まで張りつめられているラインの出は数センチずつ以内に収まりましたな。

ですがもうこれ以上、ドラグを締めれば今度はティペットどころか、リーダーとラインの接続のブレイデッドループが切れるか、各結び目も破綻してしまいそうであります。

ロッドも持つかどうか・・・

持ち替えた左手だけでは支える力が足りず、すでにしびれて震える右手で竿尻を保持してやらねばならない状態です。

更に持ち手を切り替え、だましだましポンピングを行いますが、巻いた分しっかりラインを引き出してくれます・・・!

腕の痛みからもうロッドのグリップを握り続けることはできず、バット部分を支え、グリップは下腕にあてがって固定している状態でありました。

それにしても・・ゆったりとして、何やら自信に満ちたアイツの泳ぎ方・・・余裕綽々と言ったところでありましょうか?

だんだん腹が立ってきましたな・・・

それでも騙し騙し引き寄せる力を増していき、今ではアイツとの距離は4m~5mほどに。水中に確認できるアイツの背中は一定のリズムで泳ぎ続けており、ジャンプを再び試みるつもりもないように見えましたな。

「もしかしたら、捕れるかも」

そんな気持ちが少しだけよぎった時でありました。

一瞬、あいつがこちらを肩越しに振り返り、ちらとOSSANの存在を確認したように見えたのです。

次の瞬間、

あいつは「今までのファイトは何であったのか」と言うほどのスピード、パワーで猛然と大岩めがけてダッシュをかましたのであります!

疲れてきたフリをしていたのでありますな。

いかん!!

そう思ったのが早かったか、完全にロッドがノされるのが早かったか・・・

まるでドラグが効いていないかのようにラインが引き出されます!

その逆転するスプールを抑えたか、どうであったか。記憶がありません。

・・・何もできませんでした。

二つ、三つほどの大渦を残し、あいつは消えてしまいました。

行ってしまいました。

OSSANとのつながりを振りほどいて、自由を勝ち取りました。

IMG_1072

大岩までは届いていなかったはずであります。そこへ行くまえにティペットが切れたのでありました。

今の今までギリギリとおたがいの力と思いをぶつけ合う橋渡しをしていたフライラインは生命感を完全に失い、プールの水面に漂い浮かび、流れに影響されるだけのモノとしてそこにありました。

そのオレンジ色は、景色の中でずいぶんとわざとらしい印象に変わりました。

OSSANもしばらくは両膝をつき、その痛みも感じず、袖が肘上まで濡れることも厭わず両腕を川底につき、ただただ茫然と荒い息をつくのみでありました。

見開いた眼前に水面が迫り、全身びしょ濡れで、流れの中で四つん這いになり微動だにできなくなっているその様は他人が見ればなんと滑稽で、無様で格好の悪かったことでしょうか。

この美しいフィールドの中で、どれほど醜悪で、情けない生き物であったでしょうか・・・!

負けました。

完全なる、敗北であります。

OSSANはその後ずいぶんと長い事この淵の脇の岩に腰掛け、煙草をふかし水面を眺めておりましたが再びフライを投入することはしませんでしたな。

この日の釣行はこれでおしまいでありました。

闘い済んで 茫然自失

闘い済んで。 茫然自失

帰りの高速上、晩酌のひととき、ベッドでのまどろみ、通勤の朝、デスクのPC画面と思惟との狭間。

あとあと落ち着いてこの闘いを振り返ることができるようになってからは「これで良かったんだなぁ」と、わりと本気で思っておりますな。

負け惜しみであるかも知れません。いや、きっとそうでありますな。

でも、あの勝負にもしOSSANが勝っていたら?

そしてリリースも上手くこなせていたら?

多分、今の晴れ晴れとして、再戦に臨む気持ちは無かったでありましょう。

だってあの時の釣りは生餌釣り。所謂ムーチングという方法であったのですからね。

OSSANはあの日

フライで釣るべく準備をし、毛鉤専用釣り場に出かけ、あいつに挑んだのでありますからな。

そうだ。そう言えばあいつと酌み交わすはずのブッカーズだってその日は忘れていたんですからな・・・また作戦を練り直さなければですよ。

・・・ワクワクしますなあw!!

あいつは本当はどのくらいの大きさだったと思いますか?

60センチ?70センチ以上であったでしょうか?

いやいや、違いますよ。

もうだいぶ成長してしまいましてね。

OSSANの記憶の中では2メートルのバケモノになってしまいましたwww

一体、どのくらいの時間の戦いであったのでありましょうか。

ずいぶん長い事やり取りをしていたようにも思えますし、実際はほんのわずかな時間であったとも感じておりますな・・・

しかしこれだけは自信をもって言えます。

二度目の養沢釣行であるこの四部を通してお読みいただいた時間よりは確実に短い時間であったと。

こんなOSSANのヨタヨタ長話を最後までお付き合いいただき、ありがとうございます!

おしまい。

スポンサーリンク

コメント

  1. すぺっくるど より:

    大長編、楽しませていただきました(^_^)
    キャッチできず残念ではありますが、次回への釣欲といいますかモチベーションといいますか、グングンとアップしてきていらっしゃるところなのではと、僭越ながらお察し申し上げます。
    この度の『養沢シリーズ』を拝読し、私もまた、あらためて魚釣りに立ち向かう元気を頂戴いたしました。
    (ただ今、釣れない釣りであるサクラマスに取り組んでおりまして、心が折れそうになってるもので…)
    ありがとうございましたm(__)m

    • おっさん より:

      すぺっくるど様、いつもコメント有難うございます!
      自分自身、今回の件で幼いころに抱いていた釣りへのワクワク感が復活したことに少々驚いております。
      日々の様々に忙殺され、私のようになかなかフィールドへ出かけられない方がこれを読んで少しでも楽しんでいただければと思っていたら
      こんな大長編となってしまいました^^;
      サクラマスですか・・・釣れないのはワタクシ、慣れっこですからね。それを狙えるフィールドが近くにあるというだけでも羨ましいです!
      是非諦めず、いつか白銀の大物を手にされて下さい。