思いがけず、突然にフライ・フィッシング道具が増えてしまいましたな。

OSSANではないですな。念のため。
OSSANではないですな。念のため。

ん〜〜〜・・・・

これも書くかどうしようか迷ったのでありますが、やっぱり嬉しいのでさらっと書いておくことといたしますな。

先日、なんと会社の方からフライフィッシング道具を頂いてしまいましたな。

さまざまな釣りをされる方らしいのでありますが、もうFFはやらないんですと。

何でですかね〜?(聞きませんがね)

他の釣りもそりゃあ楽しいのでありましょうが、この面白辛いFFをバッサリやめてしまうようであります。

頂いたものは、

  • TENRYU製 7’6” #4ロッド
  • ORVISのベスト
  • ホイットレー、C&Fのフライボックス。計3個
  • ・・・の中にさまざまなフライがギッシリ・・・
  • まだまだ使用できそうなショルダーバッグ
  • リーダー、フロータント等消耗品も・・・
_dsf7590

フィッシングベストの収納力に改めて驚愕・・・OSSANはなにを何処に仕舞ったか、絶対に忘れるでしょうな;;

相当な期間使用されていなかった形跡(全て10年以上は経っているとのこと)であります。

リーダーやケミカルに関しては少々不安もありますが、その他はまだまったく使用できそうなものばかりでありますな。

OSSANにはとても手の出せそうにない高級フライ・ボックス。

気にはなっておりますがさまざまな理由から、お試しで購入するにはちょっと思い切りの付かないフィッシング・ベスト。

実はもう購入する算段となっていた#4ロッド

これらが一気に手に入ってしまうこととなったのでありました。

何か、もう・・・凄いとしか言いようがないですな・・・

何か、もう・・・凄いとしか言いようがないですな・・・

初めてボックス内を見た時は驚きましたがね。

スタンダードなもの以外も、いつか使ってみようと思う日も来るかも知れないですし・・・

現在は持ち出すボックスの構成をどうするか。どのようにフライを分類、収めていくのが合理的かを悩み、楽しみつつも悶絶中でありますな。

必ず全てを(少なくとも一度は)使います。できればリールも下さいw

捨てる神あれば拾うOSSANあり。

ありがたく頂戴いたしますな。

スポンサーリンク