このままでは終われん!!突如としてロードバイクを新調することにいたしましたな。

またもや、ヤッちまうのであります。

悶々と釣りに出かけられない日々が続き、すっかり寒くなってきてしまい・・・

ただでさえ少ない休日のたびに野暮用が入ってきてしまう・・・このストレスが悪いのでありますな。

以前、ちらりと書き込んだこともあるかと思いますが、我が趣味や興味は、

釣り⇒写真⇒自転車

あたりを一定期間でグルグルと回っておるようなのであります。

フライフィッシングを始めて己の肉体的衰えに愕然として気づき、過ぎし日々の筋力、体力をほんの少しでいいので取り戻したい・・・とジタバタしているこの頃なのであります。

そのために取り組んだ事で継続出来ていることと言えば、我が家のベランダで取り組むスクワット運動のみでありますな。

街を見下ろし、季節の風を感じつつ行うとなかなかに気分爽快。

効果としても、取り組み始めた当初に比較すれば足腰は相当マシになってきた・・・と実感しております。

水中の不安定な岩につい足を置いてしまったときや、少々の段差を飛び降りる際など、踏ん張りが効く位には復調してきましたな。

定量的に伝えることが出来ないのは残念でありますが、手軽に始められる運動として腕立て伏せや腹筋運動等より楽に継続できるものではないでしょうか。

唯一難点があるとすれば・・・

室内からその様子を見た場合、単なる部屋着でヒョコヒョコと屈伸運動を繰り返すOSSANの後ろ姿というものはやはり、

マヌケに見える。

ということではないでしょうか。

家族相手にそのような体裁を気にしても仕方ないのでありますし、もういい加減慣れてくれてもいるのでありましょうが、その不都合そうな事実は真実である・・・気がしますな。

もう一つ。

運動をする上で、多少は必要なことであると思われる”心拍数を上げる”ということは難しいのであります。

現在行っている方法では、あくまでも筋力に対する効果に限定されておるようであります。

全身に血液を循環させる、ポンプの役割を担う心臓のトレーニング法としては不適である。ということでありますな。

最寄り駅前に新しく出来たスポーツジムに通えば済む問題だと言うことはわかっております。

きっとそこにはちゃんとしたトレーナーの方々も在籍しており、個々人に適した運動カリキュラムなどもしっかり計算してくれ、おかしな負担とならず、合理的健康的かつ継続可能なフィットネスも可能なのでありましょう。しかし、

そんな金は無いのでありますな。

正直に言ってしまうと、自身の”体力・筋力を改善させていきたい”という欲求に対して、ジム等にかかる費用に納得がいかない。ということであります。

マシーン上で退屈そうに見えるランニングを行ったり・・・頑張るのはあくまでも自分なんですよ?

そのように費用も時間もかけ、手にできるものは”年齢相応の健康なる肉体”のみ。

様々なことに飽きっぽくも、精神は不変の20代であるOSSAN的にはやはり納得のしようがないのであります・・・

スポンサーリンク

なので、再び自転車を漕ぐことといたしました。

幸いにして我が家は都内北方のメジャー・サイクリングロードに隣接する地域であったりするのであります。

極たま〜に十数キロの距離を走ってみたりはしていたのでありますが、あまり負荷をかけた走り方をしなければ、やはりその後数日間は調子が良くなるのでありますな。

その存在を知った頃に比べると、心拍計なども比較的安価に用意できるようになったようであります。

このまま不摂生を続ければ、遠からず様々な問題の出て来るであろうヨタヨタのわが身体に不安を覚え、ちょっとだけ気合を入れて取り組んで行こうという気になってきました。

しかしながら現有のスチール製ロードバイクでは、その重量的にも身体に伝わる振動的にも、継続的にフィットネスするにはちょっとキツいかな・・と感じたことも事実でありまして。

細身で美しいロードバイクのシルエットに対するこだわりは少しの間、脇においておくこととして軽量性、振動吸収性に優れる(と言われている)カーボンフレームのロードバイクを新調することといたしました。

目標は

  • 体力・筋力・持久力・心肺能力等の向上。
  • 体重及び腹囲数値の減少。(ダイエットですな・・・)
  • 釣行よりも近場におけるストレス発散ルーチンの確保。
  • 釣行時における肉体的・体力的余裕の確保。
  • ライドイベントへの出場。

に置くことといたしますな。

仕様指定を終え、到着を待つ日々であります。駅前ジムに通う代わりに、新車を手に入れることとしたのであります。

8月からここまで、一度しか釣りに行くことが叶わないまま年末へなだれ込もうとしつつある今。

このくらいの自己投資という名のストレス発散は許される・・・はずでありますな?

これからは自転車ネタも増えそうなのであります。

スポンサーリンク