年末恒例?ウェーダーの洗濯と、来シーズンに向けてグラベル・ガードを追加しておくこと。

年末恒例?ウェーダーの洗濯と、来シーズンに向けてグラベル・ガードを追加しておくこと。

たしか昨年の今頃も、ウェーダーのメンテナンスをしていたのでありますな。 解禁まで、多くのフィールドは残すところ、約三ヶ月という所でありましょうか? とすれば、年末はようやく折り返しでありますな。これから本格的に寒くなるのでありましょうが、ついつい心が逸ります。

スポンサーリンク
第一精工・糸くずワインダーでティペットの切れ端問題を解決すること。

第一精工・糸くずワインダーでティペットの切れ端問題を解決すること。

どんな釣りにおいてもラインの切れ端の発生がつきものでありますな。 フライフィッシングでは、のべつティペット(ハリス)のそれが発生いたします。 これまで私はその糸くずを、ポケットに丸めて押し込んだり、携帯灰皿に押し込んでおりました。 そうです。基本、”押し込む”のであります。 言葉だけで連想していくとあまり良いイメージが浮かんできませんが、例によって脱線いたしますので敢えて触れないでおくのであります。

船子川・ようらくさんへ突撃!群馬県は秘境だらけだったこと。

船子川・ようらくさんへ突撃!群馬県は秘境だらけだったこと。

思えば、この夏には一度も釣りに出かけていないOSSANであります。 それもこれもこの9月に、総集編としてのソロキャンプ&ネイティブフィールド・フライフィッシング第2弾に思いを賭けていたからなのでありますな。 その希望もあっけなく打ち砕かれ、鬱屈し続ける自身の精神状況に危機感を募らせ、以前より気になっておった管理釣り場の一つ、 群馬県・ようらくさんへ単身、挑むことといたしましたな。

君にはガッカリだ!DAIWA ターポリン・ポーチS で悶絶したこと。

君にはガッカリだ!DAIWA ターポリン・ポーチS で悶絶したこと。

以前より、防水性を持ったサイフ及びスマホ・ケース的なものが欲しいと考えておりました。 釣行の際、各種パックに収納しているそれらが水濡れの危険性と隣り合わせであるからでありますな。 背中のパックが水面に接し、財布が濡れてしまった事に気付かず釣り続けていた日の帰り道、ビチョビチョ、しわくちゃになったお札をコンビニのおねーちゃんに差し出して”ぎょっ”とした顔をされたこともありました。

拝啓 9月は伺えそうにありません。

拝啓 9月は伺えそうにありません。

美しかった夏休みを終え、OSSANは毎日頑張っていたのであります。 溜まっていた仕事をコレでもかコレでもかとやっつけ続け、ようやく通常の業務スピードに戻すことができましたな。 「さて、禁漁までひと月。スケジュール調整他準備に取り掛からなければ・・・」 と思っていた矢先、事件であります。

今年の夏休みは上高地・飛騨高山でブラブラしてきたのであります。

今年の夏休みは上高地・飛騨高山でブラブラしてきたのであります。

暑~い8月も半ばに差し掛かり、世間様はお盆休み。 我が勤め先では相も変わらず日々様々な問題が勃発し続けているのでもありますが、OSSANは遊ぶために仕事をしているのであります。 自分の目の前にある仕事だけをトットと片づけて、今年も無理やりの連休を奪取することに成功しましたな。 薄情なようですが、一人休んだくらいでどうこうなるような会社なら、どのみちマトモではありませんな。

スポンサーリンク