ニュー・フライリール(REDINGTON・ZERO)購入!釣具屋からはやっぱり無事に出てこられなかった事。

ニュー・フライリール(REDINGTON・ZERO)購入!釣具屋からはやっぱり無事に出てこられなかった事。

日、一日と気温が下がり、日が短くなってまいりました。季節感の乏しい東京といえど秋の深まりを感じるようになってきましたな。 街路樹たちもそろそろ色づいて来るのでありましょう。 OSSANはといえば、10月最終週のファミリーキャンプ予定に向け「また新たな道具を用意しなければならんのか!?」と今月のカード引き落とし予定金額を見つめ、ため息をつく今日このごろであります。

加水分解を起こしたベタベタのテント・フライシートにシリコンスプレーは効くのだろうか?

加水分解を起こしたベタベタのテント・フライシートにシリコンスプレーは効くのだろうか?

9月のソロキャンプ時に約20年ぶりに持ち出したわが愛する2人用テント。 シェラデザインズ製 ハーフ・ムーンⅡプラス。 現場でいざ張ってみると懐かしい焚火の匂いが”かなりきつく”染みついてしまっているのは仕方ないとしても、フライシートにシャキッとした張りがなくなり、何やら手触りもペタペタと不快な感じに変化しておりましたな。

スポンサーリンク
それは三たび訪れた・・・群馬県の秘境、赤久縄(あかぐな)にOSSANの叫びがこだまする!

それは三たび訪れた・・・群馬県の秘境、赤久縄(あかぐな)にOSSANの叫びがこだまする!

今度こそ”獲った!”と思ったんですよ。 フライ・フックのサイズ、フッキング、ラインシステム、立ち位置、気魄、集中力・・・完璧であったはずでありました。 この際体力と財力は考えないこととして、もし不安があるとすれば、これ以上に遡行のペースを上げると体重の増加及び運動不足が要因の早くも痛み始めた腰がイッテしまいそうな事。 OSSANの持っているランディングネットには”そいつの巨体は収まらない”ということだけでありました。

秋雨や・・・コック・デ・レオンでフライを巻かねばですよ!

秋雨や・・・コック・デ・レオンでフライを巻かねばですよ!

給料日前。 絶好調な秋雨前線に降り込められて、無理に外出してもいらんものに散財するのが目に見えているようなそんな日は。 久しぶりにフライ・タイイングに取り組むことといたしましたな。 いえ、実は少し前になるのですがね。 Coq De Leon (コック・デ・レオン) 買っちゃってましたな・・・;;(散財してるんじゃないか!)

ソロキャンプに行くのですな

ソロキャンプに行くのですな

夏休みに無事ファミリーキャンプデビューを果たしたOSSAN。 家族とともに過ごしたその時間。 娘にとっては微妙な体験であったようでありますが、自身にとっては幸せなひと時でありました。

防水デジカメ、フジフィルム FinePix XP90に合わせたケースはこれですな

防水デジカメ、フジフィルム FinePix XP90に合わせたケースはこれですな

釣りに限らずとも、フィールドに連れ出す予定で購入したフジフィルム・ファインピクス・XP-90でありますが、まだまだ実写の機会が少なくレビュー的なページは書けそうにないですな。 代わりと言っては何ですが、このカメラにピッタリ合うケースを発見しておりますのでこれを(なるべく短文で)取り上げておきます。

不愉快なアドセンス広告をブロックしましたな

不愉快なアドセンス広告をブロックしましたな

己のヨタヨタ生活記録的悶絶ブログを出先でチェックしている時に、どうしても気になってしまうことがありましたな。 OSSANはこの知識ゼロから始めているブログというものを結構大切に考えております(誰でも一緒ですな)。もう書き終えてしまったものも反省しつつ頻繁に読み返しております。 しかしそんな或る日、「うわあ・・・これはもう我慢できん!」という発見をしてしまいましたな。

夏キャンプ秒読み!ハッカ油虫よけスプレー製造日誌

夏キャンプ秒読み!ハッカ油虫よけスプレー製造日誌

いや~、気象庁により予測はされておりましたが、梅雨明けしてからと言うもの全国的にとんでもない猛暑となっておりますな。 もうこれは一昔前の夏の暑さとは次元の違う暑さであると感じておるのでありますよ。 OSSANは日中、少しでも屋外で活動しようものなら大量の汗が文字通り ぶゎああああぁ! と全身から吹き出し、頭部に至っては心細くなる一方の毛髪の防波堤を全く無視してイグアスの滝の如く汗が滴る状態でありますな。

個人的最凶吸血害虫を退けろ!キャンプ生活におけるこれでもか的ブユ対策編

個人的最凶吸血害虫を退けろ!キャンプ生活におけるこれでもか的ブユ対策編

その昔、田舎の農業用ため池のほとりで不用心にもカモシカのような美しい足を短パンで露出したままフナ釣りに熱中していた美少年がおりましたな。 ほとんど初めての経験である玉ウキの動きの面白さについつい夢中になり、真夏の炎天下ずいぶん長いこと没頭しておりました。 暫くすると何とも言えない、猛烈な痒みが一気に少年の足全域を襲いました。 軽くパニックになって見ると哀れ。 すね毛一本無い、現在からは想像もできない美しい両足からは無数に血が滲み、流れ出ているのであ...

スポンサーリンク