フライフィッシング一覧

テンカラ毛鉤の伝統的材料。ゼンマイの綿毛でソフトハックル・フライを巻いてみること。

ソフト・ハックル ウェットフライが好きですな。 もちろんクイル、フェザーそれぞれのウィングを持つウェット・フライ達も大好きなんでありますが、これらをきれいに巻くのはOSSANの拙い技術では至難の業なのであります。

記事を読む

不思議なものです。頂き物フライではだめですな。

少し前、ロッド、リール、ボックスなどと共に相当な数の完成フライを頂いてしまいましたな。 「うはwこれで釣行前のボックス・スカスカ・・・弾数不足に悩まされる人生ともおさらば出来る!」 等と喜んだのもつかの間。 OSSANは恐ろしい事を発見してしまいましたな。

記事を読む

という訳で。ひと月も経ずに初冬のうらたんざわ渓流釣場さんに来てしまいましたな。

前回の釣行で今年のOSSANの「うらたんざわ」は終了であった筈であったのでありますがネ。珍しく日曜日の釣行チャンス。 空前のフライフィッシング・ブーム(!)を勘案いたしますと、混雑を避けるためにもあまり規模の小さなエリアへは足が向かない。 更に珍しく今回は単独行ではなく、共に行く方のご希望もありまして、これがホントの今年最後のうらたん釣行であります。

記事を読む

奈良子釣りセンターさんへ初釣行。立冬の管釣りで静かな歓びに満たされましたな。

季節の進行は待ってくれませんな。 これ以上寒くなるとヘタレなOSSANはフィールドに出るより炬燵(無いけど)と熱燗(家で日本酒飲まないけど)の怠惰なインドア・フィッシャーマンと化していってしまう予感であります。 急いで釣りに行かねばなりませんな。

記事を読む

REDINGTON-ZERO(レディントン・ゼロ)と手持ちリール達の体重測定。

過日、リーダーのまとめ買いと同時にやらかしてしまったニューフライ・リール。 REDINGTON-ZERO 2/3。結構気に入りそうな予感であります。 ラインを巻いて実戦投入する前に細部を記録しておこうと思いましたな。

記事を読む

思いがけず、突然にフライ・フィッシング道具が増えてしまいましたな。

ん〜〜〜・・・・ これも書くかどうしようか迷ったのでありますが、やっぱり嬉しいのでさらっと書いておくことといたしますな。

記事を読む

初秋のうらたんざわ渓流釣場でセンチメンタル・マッタリ釣行

10月20日(木) 季節外れの暖かさに恵まれ、ムズムズしますな。 連続の当直勤務を終え、ヨタヨタの体を引きずりつつうらたんざわ渓流釣場さんへ出かけてまいりました。

記事を読む

今更でありますがティペットのコストについて。ユニチカ ・シルバースレッドを導入すること。

フライフィッシング用のティペット(ハリス)は高価ですな。 OSSANにはとても常用できるお値段ではないと感じてしまいます。

記事を読む

それは三たび訪れた・・・群馬県の秘境、赤久縄(あかぐな)にOSSANの叫びがこだまする!

今度こそ”獲った!”と思ったんですよ。 フライ・フックのサイズ、フッキング、ラインシステム、立ち位置、気魄、集中力・・・完璧であったはずでありました。 この際体力と財力は考えないこととして、もし不安があるとすれば、これ以上に遡行のペースを上げると体重の増加及び運動不足が要因の早くも痛み始めた腰がイッテしまいそうな事。 OSSANの持っているランディングネットには”そいつの巨体は収まら...

記事を読む

関東地方、梅雨明け前日の養沢毛鉤専用釣場さんへ行ってきましたな

「うへぇ・・また養沢ネタかよ!」あ、待ってください・・・帰らないでw大丈夫ですよ、今回はサクッと一話完結(予定)でありますな^^;まあ、思いつきとたまたまが重なっただけであります。

記事を読む