第一精工・糸くずワインダーでティペットの切れ端問題を解決すること。

どんな釣りにおいてもラインの切れ端の発生がつきものでありますな。

フライフィッシングでは、のべつティペット(ハリス)のそれが発生いたします。

これまで私はその糸くずを、ポケットに丸めて押し込んだり、携帯灰皿に押し込んでおりました。

そうです。基本、”押し込む”のであります。

言葉だけで連想していくとあまり良いイメージが浮かんできませんが、例によって脱線いたしますので敢えて触れないでおくのであります。

“第一精工・糸くずワインダーでティペットの切れ端問題を解決すること。” の続きを読む

これまでのティペット・ホルダーに一工夫。

フライフィッシングを始めると、ティペットとしてのハリスが収まる小さなスプール複数個を持ち歩くようになり、これらをまとめてホールドし持ち運ぶ必要性がでてきます。

しかも即ラインを引き出せるようにと、多くの方はポケットやバッグ外にぶら下げておられるようでありますな。

“これまでのティペット・ホルダーに一工夫。” の続きを読む

フライフィッシングのティペットコスト節約のためのライン巻き替え作業における”第一精工 高速リサイクラー2.0”の使い心地。

雑で、ものすごい面倒くさがりでもあるOSSANはリールにラインを巻く作業というものが苦痛でありますな。

フライ・ラインをリールに巻き取るのにも何故かラインは絡まり、いつの間にか結び目ができてしまっておったこともありました。

ここでも血圧は急上昇であります

しかし今回の相手はそれ自体巻取り機構等持たない、ライン・スプールを相手にするのでありますな。

“フライフィッシングのティペットコスト節約のためのライン巻き替え作業における”第一精工 高速リサイクラー2.0”の使い心地。” の続きを読む