キャンプにおけるOSSAN的焚き火考察〜着地点としてのファイヤースタンド

campfire-984020_1920

さまざまなスタイルはありましょうが、屋外で夜を過ごすときに無くてはならない物の一つに「焚き火」を挙げられる方は多いのではないかと愚察いたしますな。

かく言うOSSANも大好きであります。

 

夜間屋外における焚き火と言うもの。

その変幻自在な炎や、神秘的な熾の灯を見ている時間というものはなかなか他に代えがたい味わいがありますな。

明かり、暖房、調理、野生動物からの防御など実用面だけでなく、その燃えている様子を見るとも無く眺めることはフィールドにおいて格別なエンターテイメントであることは異論のないところでありましょう。

しかしながら現代日本においてこの焚火が自由に行える場所というのは皆無に等しいということを肝に銘じなければなりませんな。

キャンプ場においても直火禁止の場所が多く、その昔にOSSANがお世話になっておった、ヘタッピな焚き火のせいで処々に黒い焼け跡が点在するようなキャンプ場は少なくなったようでありますな。

美しく快適なサイト環境と面倒なことのトレードでありますが仕方ないのでありますな。

という訳でずっとキャンプから遠ざかっておったOSSANも焚き火の為の機材を揃えなければならなくなったわけであります。

調べるうち、幾つかに分類されることが理解できてきました。

1 ブッシュクラフトに用いるようなコンパクトな”ウッドストーブ”と呼ばれるもの。

 
スポンサーリンク