フライフィッシングをやってみるまで〜後編

_DSC5138
スポンサーリンク

OSSANは20代の頃に「齢をとったらFFをやろう」と決めていました。

何故かって?ん〜〜いわゆるひとつの。。。。後編

  ということで相当な量のタックルを二束三文でドナドナしたのでした。

_DSC5144

ドナドナを免れたリール達

しかたないなあ、狭い我が家では使わない道具を置いておくのも限界があるしなあと自分を納得させたつもりでしたが、しばらくは心に隙間風が吹くような薄ら寒さに似た感覚を覚えたものですな。

そんなことも忘れかけたある日、これも別な保育園のパパ仲間と釣の話になった時、こんな話を酔いながらうだうだと話しておったところ、

「バスはねえ、、、フライはやらないの?」とのこと。

思い出しましたよ。「齢をとったらフライやる」って決めていたこと。

一気に燃え上がりましたな。バスがダメならマスだぁ!」

何ででしょうね、フライは何故か「ナイスミドルになってからやるもんだ。若造がやってもカッコつけに見えて滑稽なだけだ。」と決めつけてる自分がいましたな。

ただ単純に小さな頃に手の届かなかったタックルに経済的に手が出るようになったタイミングと3次バスブームが重なっていただけだと今は分析しておりますが。。。

ま、ともあれ「ナイスミドル」かどうかは別として時は満ちたということですな。

仕事、資格勉強そっちのけ(オイ)でフライフィッシングについて調べましたな。

ふむ、「フライは糸の重さで軽い”毛鉤”をポイント迄はこぶのをキャスティングという」そうそうw知ってます。

「ライン、リーダー、ティペットはそれぞれ番手、X等で表され、ラインは数字が大きくなるほど太く、重くなり、リーダー、ティペットは数字が大きくなるほど細くなる云々〜」 何でそんな複雑なことするの?混乱するぞなもし・・・

ポンド、LB表記に置きかえてくれない?

「水生昆虫には季節ごとにステージがあり、ニンフ、ラーバ、ピューバ、ダン、スピナー云々、、これらに合わせフライセレクトしていくことが云々」 ・・・・

大丈夫、言葉覚えられなくても魚は言葉喋らない!(←既に少々錯乱気味)

「うわ!何だこのリールの値段、大したギアも入ってないくせにこの値段はボッタクリ過ぎではないのか!」

・・・おいおいやばいんじゃないの、この釣り??

でもね、ちょっとやっぱり面白そう。

道具だって探せば安いの沢山ありそうだしの。

ま、なんとかなるだろ、ルアーでは管釣りもやったこと有るんだし。

とりあえず通販で安めの(続けるのでもサブとして使えそうなスペックで見繕って)道具発注〜近所の公園の芝生で やっつけキャスト練習して管釣りデビューしたのでしたな。      

スポンサーリンク