心ざわつく、メッセージ。

もう十年ほども、葉書や手紙を書いた覚えがありません。

数少ないその機会である年賀状も、ある心境の変化を境にすっかり出さなくなりました。

2年ほどをかけて、それまでやり取りをしていた方々にお断りを申し出、ここ数年は年賀状が届いたなと思えば即ゴミ箱行きの、ディーラーやショップのダイレクトメール。

若しくは親戚や家族ぐるみのお付き合いのある方々のみとなりました。

こちらから送るのは細君のお仕事であります。

何かと慌ただしい年末年始に、気持ちが追われる要因の一つを無くすことにしたのでもあります。

年に一度会うか会わないかである知人たちの動勢を知ることは出来なくなりましたが、困るようなことも稀でありますな。

ここまで徹底した筆不精がブログ(?)なんぞを書いているのですから、これは滑稽というものであります。

そのような超個人的〒事情はさておき、嬉しい変化があります。

昨年より届くようになった、養沢毛鉤専用釣り場さんからの葉書でありますな。

まだ弱弱しい日光のスペクトルが映り込みましたな。良い予感が湧いてきますw

季節的にウズウズし始める、絶妙なタイミングで届くもんですからこれは堪りません。

自然、「よっしゃ、今年も行こう!」・・・となるわけであります。

養沢さんのHPを見るにつけ、アングラーやフィールドの環境に対して、とても気を使われていることを感じさせます。

このカードは、その発露の一つであるのでありましょう。

雪の完全に消える頃、もしくはまた桜の季節を狙いすまして参りましょうか・・・楽しみなのでありますな。

スポンサーリンク

もう一つ。

これは葉書ではありませんが、ニューバイクとともに渡された付属品及びマニュアル類をゴソゴソとしておりましたら、こんなものも出てきましたな。

保証書の片面に記された、DE ROSA創業者であるUgo De Rosaジーちゃん(失礼!)からのメッセージカードであります。

抜粋・・・

フレーム作りにいちばん大切なことは、最新の技術や素材よりも、自転車に対する「情熱」であると、私は信じています。

DE ROSAのロゴマークに踊るハートは、私の自転車に対する情熱そのものなのです。

〜〜

様々な理由があってDE ROSAをお選び頂いたとは思いますが、私はきっと、あなた自身のハートによって、あなたがここまで導かれたのではないかと想像するのです。

どうもありがとう。

どういたしまして・・・

なんか、、スイマセン;;

「寒いからまだ乗らない」とかヘタレたことをホザいてしまって、どうもスイマセン!!

自転車に乗るモチベーションが「釣行時の体力つくり&ダイエット」とか言っちゃって、ホント申し訳ありませんでした!!

「公式オーナーズクラブ入っちゃおうかな〜・・ウへェ!?年会費2Kかよ!」とかチッチャイ事言ってしまってゴメンナサイ!

この期に及んで、「その情熱の恩恵で体脂肪も効率的に燃焼できるかも・・・」とか考えてしまって申し訳ない・・・

最高気温が13℃以上に安定したら真面目に乗らせて頂きます・・・!

・・・これまで数台のスポーツバイクを購入してきましたが、この様なメッセージが添えられていたことは、もちろん初めてのことでありました。

蝕まれるばかりの日々に、嬉しい葉書と思いがけないメッセージ。

これからはあまり面倒がらず、手書きの文も(両方手書きじゃないけど)良いものなのかもしれないですな。

妙に心ざわつく、良く晴れた土曜日であります。

スポンサーリンク