新しいランディングネットが届きましたな。

Pocket

前回の神流川・本谷釣行でランディングネットを紛失してしまったのでありました。

次にいつ釣行へ出かけられるか、相変わらず予定の組めない日々を過ごしております。

ですが何時そのチャンスが巡って来ても良いように、準備だけはしておかなくてはなりませんな。

思えば先代はフライフィッシングを始めた当初から数々の大物(嘘)をキャッチしてきたネットでありましたな。

ほんの少しだけ喪失感のようなものがあります。

 

新たなランディングネットを選定するのに、少しだけ迷いました。

  • これまで使用していたような、ラバー製のリリースネットと呼ばれるものを使用した製品を再び入手する。

もしくは、

  • クレモナ糸を編み上げて作られている、写真映えするこだわりの一品を手に入れる。

の二通りでありますな。

結果から申しますと、これまでと同様のラバーネット仕様のものを選びました。

確かに写真写りの良い、持つだけで上手そうに見えてしまうような高級品を手に入れたい欲求もあったのではありますが、まだ自分には早いよなぁと・・・。

ましてコシのないクレモナ糸とフックが絡みついてしまうと、いよいよもってその進行に四苦八苦するローガン的にもチト辛いなぁ・・・と。

最近はほぼ魚を持ち帰ることもありませんので、もうしばらくは魚体にも優しいと言われるラバーネットで参ることとしたのであります。

しかし、以前使っていた同モデルは品切れのようでありました。

 

 

似たようなものと言うことでコレ👆をポチりましたな。

届いてみるとサイズ感や横幅が多少スリムになったことは良いのですが、仕上げがかなり、控えめに言って相当イマイチであります。

以前のモデルに比べ、ネット部分が深すぎますな。大物相手には良いでしょうが、アチコチに引っかかって悶絶する未来が予見できます。おかしな日焼けはロードバイクに乗る際のグローブ焼けですな・・・;;

価格なりと言うことなのではありますが、手触りも何やらザラザラしており指にあたる感触も低品質に感じますな。

グリップが太く、角が指関節にあたって不快であります。

これからの大事な時間をサポートしてもらう道具としては、どうも納得のいかない様子なのであります。

新品の道具に対してはあまりやらないようにしておりますが、今回は思い切って最初から手を加えてしまうことにしましたな。

握った手指にあたる部分のサンディングをしてしまうのであります。

とりあえず手の触れる可能性のある部分だけなんとかなれば良いのでありますな。

手持ちのサンドペーパー極荒で形を変えてしまい、320番までかけましたがサテ・・・

何らかの仕上材(ステインとかニスとか・・)で仕上げなければならないのでありますが、本日は時間切れであります。

釣行時ほどではありませんが、何故に休日の時間は早く過ぎてしまうのでしょうか?

今度は無くさないように気を付けて扱うことといたします。

かなり形状が変わりましたな。ネットの取り付け方くらいは調べておかないとイケませんかな・・・。

 

釣りに出かけた~い;;

 

のは山々でありますが、このような作業をすることで留飲を下げている梅雨なかの真夏日であります。

Pocket

2 Replies to “新しいランディングネットが届きましたな。”

  1. ネットを落とされる方々のなんと多いことか!
    身をもって経験いたしましたのはワタクシもです。
     
     ただ、頻繁にチェックしてる癖がわたしを救いました。
     あっと気づき、すぐに下流へと探索し見つけたのでした。それが中州の上でなかったら永遠の生き別れになったことでしょう。
     リバーガイドの摺漆塗りだったから、心がおびえていたのでしょ。
     帰宅後、Wコードにしたのは言うまでもありません。
    それでも、1本のコードだけ紛失したこともあるという不思議

     なお、釣りの相棒は岩手で拾ったのを使用しております。

    1. FFfreak様、こんにちわ!
      今までも数回気が付かないうちにマグネットが外れていたこともありました。
      カールコードでアンカーしておりましたので事なきを得ておりましたが、今回はそれすらも外してしまっており油断しました。
      すぐにあたりを探しましたが、堰堤の上だった事もあってすぐに諦めました。夢中になって釣っていましたので・・・^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*