暑熱の千曲川水系釣行記。令和における初釣りはケチョンケチョンにされたこと。

人生ではじめてのサイクル・ライドイベントとして、緑のAACR120㌔を完走したOSSAN。

実はこのイベントに参加する日程を調整するにあたり、職場の冷ややかな視線やあからさまな怨嗟の声をも振り払い、もう一日の有給をブチ込んでおったのでありました。

だって、せっかく5月の信州へ足を伸ばすのでありますよ?

”釣りをしない”という手はないではありませんか!

“暑熱の千曲川水系釣行記。令和における初釣りはケチョンケチョンにされたこと。” の続きを読む

平成最後&今季の初釣りは、雨の養沢毛鉤専用釣り場さんで。

” 平成最後の○○○ 

 

何やら流行っているらしいので、このキーワードを使ってみたかっただけでありますな。

結構ミーハーな所もあるのだなぁ・・・と、この歳にして自分が信じられなくなってしまいます。

 

“平成最後&今季の初釣りは、雨の養沢毛鉤専用釣り場さんで。” の続きを読む

フライフィッシングにおけるチェスト&バックパック運用計画〜その弐〜。オスプレイのバックパックを選んだこと。

フライフィッシングにおける、チェストパック&バックパック運用計画の続きでありますな。

一番の狙いであるところの、バックパックとの組み合わせの問題であります。

チェストタックルパックはあっと言う間に手に入れてきたのに、このバックパック選定でかなり悩んでしまうこととなりました。

“フライフィッシングにおけるチェスト&バックパック運用計画〜その弐〜。オスプレイのバックパックを選んだこと。” の続きを読む

フィッシング・パック沼の現状まとめ&さらにチェストパック+バックパック運用を計画中であること〜その壱〜。

 

まだ寒い、まだ寒いと震えつつ見ると静かに綻ぶ梅。

存在感のあるような無いような、隆としつつもどこか儚げな辛夷。

目に染みる眩しい菜の花の群生と対を成すかに思える雪柳は、その清虚さに全力リスペクトであります。

そして今や桜たちの爆発的歓喜も終盤に差し掛かり、娘の中学校入学式を桜吹雪の中で終えてまいりましたな。

花々のリレーに季節の輪転を想いつつ、漠然とした寂しさが歓びの中に交じるようになったのは、ここ数年の事と感じております。

あてのない飢餓感の中で、酒と異性と虚栄に囚われ続け発光と爆発を繰り返していた時は加速しつつ遠のいてゆきます。

“フィッシング・パック沼の現状まとめ&さらにチェストパック+バックパック運用を計画中であること〜その壱〜。” の続きを読む

2つの趣味で必要性を痛感!TALEX&POCで度付きの偏光グラスを造ったこと。

この冬も天候、体力、時間が許されればロードバイクを漕いで体力の減退を食い止めようと足掻いているワタクシであります。

しかし思いもよらぬ障害が立ちはだかったのでありますな。

“2つの趣味で必要性を痛感!TALEX&POCで度付きの偏光グラスを造ったこと。” の続きを読む