「 道具たち(gear) 」一覧

少ない小遣いからやっとの思いで手に入れた愛すべき道具たち

ガス詰め替えアダプターを試すこと。アウトドアにおけるLPG燃料のカップ麺的コスパ計算結果。

ガス詰め替えアダプターを試すこと。アウトドアにおけるLPG燃料のカップ麺的コスパ計算結果。

主に釣行の際、もっと手軽に暖かな昼食(大抵カップ麺+α)を採りたいとの思いで購入した激安・超軽量ストーブ。 得体のしれない中華製ではありますが、風にめっぽう弱い事を除いては、今までその役割をそつなくこなしてくれております。 と言っても、お湯を沸騰させてくれさえすれば良いのでありますな。 火口の形状が一点集中型なこともあり、少しでも凝った調理をしようとしたり大きめの鍋などを使いたいときはIP-2243の出番であります。

これまた格安で釣り、トレッキング用のレインウェアを新調できましたな。Foxfire デリュージ レインスーツを購入したこと。(長いです)

これまた格安で釣り、トレッキング用のレインウェアを新調できましたな。Foxfire デリュージ レインスーツを購入したこと。(長いです)

ここ20数年、雨の中で釣りをした覚えは2度きり。 初夏の河口湖でのおかっぱり、春の亀山湖でのボート・バスフィッシングでありました。 ザックを背負って雨の稜線を歩いた記憶もはるか昔であります。 それらを長年にわたり支えてきてくれた、エントラント製レインウェアが引退の運びとなってしまいましたな。

フライフィッシングを始めてから初のキャップの代替事情は・・・

フライフィッシングを始めてから初のキャップの代替事情は・・・

フライに限らずとも、釣りの際は必ず何らかの帽子を被りますな。 近年その凶暴さに身の危険を感じる直射日光からの頭部保護以外にも、怪我の予防、体感温度調節など。良いこと尽くめであると思っております。 OSSANは普段出歩くときにもほぼ常時かぶっております。 この歳におよんで、出かけるごとに髪をセットするなんぞということが如何にも洒落臭く、面倒くさいからでありますな。

フジフィルムのニュー防水コンデジ・FinePix XP120はどれくらい進化しておるのであるか!?

フジフィルムのニュー防水コンデジ・FinePix XP120はどれくらい進化しておるのであるか!?

カメラがデジタル化してからというもの、そのモデルチェンジのサイクルは早くなる一方のようでありますな。 特にコンパクトデジタルカメラの世界においては実売価格の下落等の大人の事情もあるのでありましょうが、約一年で新製品を発表、発売がなされておるようであります。 そしてなんと、我が可愛いアマガエル。XP90もこの2月に旧モデルとなってしまうようでありますよ;;

防水カメラFinepix・XP-90を約半年間使ってみて。フィッシャーマン視点レビューのようなものをウダウダと・・・

防水カメラFinepix・XP-90を約半年間使ってみて。フィッシャーマン視点レビューのようなものをウダウダと・・・

釣りに限らずキャンプやトレッキング、はたまた近所の散歩や飯撮りまで。 防水で、写りが良く、軽量で、丈夫かつ安価なコンデジを探して手に入れることとなったフジフィルム製ファインピクスXP-90。 実はまだまだ使用していない機能だらけでありますが、ふたたび釣りのシーズンに突入してしまうとまた面倒になって伸び伸びになってしまいそうなこともあり、現時点でのOSSAN的レビューをまとめておきますな。

ZIPPO(ジッポ)を守るためにIMCO(イムコ)のオイルライターを購入したこと。

ZIPPO(ジッポ)を守るためにIMCO(イムコ)のオイルライターを購入したこと。

重量 IMCO<ZIPPO 価格 IMCO<ZIPPO 着火までの手数 IMCO(1)<ZIPPO(2) バリエーション IMCO<<<ZIPPO 燃費 IMCO(スーパー)>ZIPPO フリントの持ち IMCO<ZIPPO 耐風性 IMCO=ZIPPO 堅牢性 IMCO=ZIPPO ギミック IMCO>ZIPPO 開閉音 IMCO(ジョリッ)<ZIPPO(カキンッ)

フライフィッシングのティペットコスト節約のためのライン巻き替え作業における”第一精工 高速リサイクラー2.0”の使い心地。

フライフィッシングのティペットコスト節約のためのライン巻き替え作業における”第一精工 高速リサイクラー2.0”の使い心地。

雑で、ものすごい面倒くさがりでもあるOSSANはリールにラインを巻く作業というものが苦痛でありますな。 フライ・ラインをリールに巻き取るのにも何故かラインは絡まり、いつの間にか結び目ができてしまっておったこともありました。 ここでも血圧は急上昇であります。 しかし今回の相手はそれ自体巻取り機構等持たない、ライン・スプールを相手にするのでありますな。

加水分解を起こしたベタベタのテント・フライシートにシリコンスプレーは効くのだろうか?

加水分解を起こしたベタベタのテント・フライシートにシリコンスプレーは効くのだろうか?

9月のソロキャンプ時に約20年ぶりに持ち出したわが愛する2人用テント。 シェラデザインズ製 ハーフ・ムーンⅡプラス。 現場でいざ張ってみると懐かしい焚火の匂いが”かなりきつく”染みついてしまっているのは仕方ないとしても、フライシートにシャキッとした張りがなくなり、何やら手触りもペタペタと不快な感じに変化しておりましたな。

スポンサーリンク