老眼方面への新兵器導入。マグネティック・ティペットスレッダーは使えるだろうか?

老眼方面への新兵器導入。マグネティック・ティペットスレッダーは使えるだろうか?

以前より通うショップに、この商品が陳列されていることは知っておりました。 しかしそのナリを見ると付けられた値札に納得がいかず、購入しようという気にはならなかったのでありますな。 それをとうとう手に入れる事としたのであります。 商品名は、Magnetic Tippet Threader(まぐねてぃっくてぃぺっとすれっだー) っちゅうモンでありますな。

サーモス 真空断熱ストローボトル・FFQ-600を導入しましたな。真夏の必需品となりそうであります。

サーモス 真空断熱ストローボトル・FFQ-600を導入しましたな。真夏の必需品となりそうであります。

今年の暑さは普通じゃないですな。もうず〜〜っと、関東の最高気温は35℃前後であります。 気温が32℃程度だと、最近は「ちょっと過ごしやすいかな?」などと感じてしまうようになってきてしまいました。

スポンサーリンク
ロードバイクに乗るうえで発生する膝の痛みへ対策をいくつか採ってきましたな。

ロードバイクに乗るうえで発生する膝の痛みへ対策をいくつか採ってきましたな。

春先に発症してしまった”腸脛靭帯炎”。 心肺もスタミナも大腿四頭筋もケツ筋も、まだまだ余裕だと言うのに膝の激痛によってそれ以上のライドが不可能になってしまう。 帰り道は、向かい風でもないのに時速13㌔。 上から下まで腹周り以外は”ビシッ”とキメている(と思っている)にも関わらず、ママチャリの女子高生にさえ追い抜かれ、まさに満身創痍の態。 文字通りのフラフラ&ヨタヨタ。 どうやらこのままでは、思いっきりロードバイクを楽しむことは出来ないようなのであ...

廻り目平でソロキャンプ~金峰山川フライフィッシング。(慟哭の二日目編)

廻り目平でソロキャンプ~金峰山川フライフィッシング。(慟哭の二日目編)

釣果的には(いつものように)寂しい結果となりましたが、金峰山川の素晴らしい美しさもあって大満足の初日を終えることが出来ましたな。 キャンプ場からどの程度離れているかを把握できていないので、周囲の明るいうちに脱溪することといたしました。

ネイティブフィールド・2ndデビュー! 金峰山川フライフィッシング&廻り目平ソロキャンプに行ってきましたな。(初日編)

ネイティブフィールド・2ndデビュー! 金峰山川フライフィッシング&廻り目平ソロキャンプに行ってきましたな。(初日編)

昨年、「キャンプ&ネイティブフィールド・フライフィッシング」計画を練っていた時、栃木県・湯川と併せもう一つの候補地がありました。 その後9月中に行こうと計画しておりましたが、様々なものに阻まれて断念せざるを得なかったのでありましたな。

新しいランディングネットが届きましたな。

新しいランディングネットが届きましたな。

前回の神流川・本谷釣行でランディングネットを紛失してしまったのでありました。 次にいつ釣行へ出かけられるか、相変わらず予定の組めない日々を過ごしております。 ですが何時そのチャンスが巡って来ても良いように、準備だけはしておかなくてはなりませんな。

FFWD オリジナルハブ・フリーボディのラチェットをグリスアップしたこと。

FFWD オリジナルハブ・フリーボディのラチェットをグリスアップしたこと。

素晴らしい季節を迎えていても、大概は面白くもない理由たちによりフィールドへ向かうことは阻害され続けるのであります。 ココロのバランスを保つためにも、細かな時間を見つけてはロードバイクを漕いでいますな。 しかしやりたいことが増えても、一日が36時間になってくれるわけでもありません。今回は簡潔を目指してまいりますな。 なんにせよ道具やカタチから入る私ではありますが、今回は代用品でうまくいきました。 ・・・と言う話を。

春の赤久縄釣行で鼻が伸び縮みしたこと。

春の赤久縄釣行で鼻が伸び縮みしたこと。

歓びの季節にはできる限り出かけなければなりません。 遊んでもらう相手が自然のリズムに支配される生物である限り、それにこちらが合わせると言うことは当然なのでありますな。 それが(時間・体力・財政的に無理すれば・・)なんとか可能である。という幸せをも同時に感じることができる・・・ 4月後半はこの数年、そんな季節であります。

’18年・初山女魚に会いに、うらたんへ。

’18年・初山女魚に会いに、うらたんへ。

どうも、なし崩し的に今シーズンが始まってしまった気がしております。 ここ数年、春の一番良い季節が短くなってきたと感じるのは気のせいでありましょうか? 寒~い冬を脱し、やっと暖かくなってきたなぁ・・と油断しているといきなり25℃を超えるような夏日が続いてしまったり。 ずっと我慢してきたのだから、心地よい桜の季節も最低一ヶ月くらいは続いてくれても良いのになぁ・・・等とつい、考えてしまいます。

スポンサーリンク