フライフィッシング一覧

夏の終わりにあの渓へ。(南会津フィッシング&キャンプへ行きましたな)後編

まぁしかし、贅沢に時間を使ったものでありますな。 この先には二ヶ所の大場所が控えているはずですが、時刻は15時前になっておりました。 これまでのようなペースで釣りを続けたならば、帰りには日の暮れた林道を引き返すことになりそうです。 ヘッドランプはサイトへ置いて来ていましたし、正直あの山女魚を釣ったことで満足しておりましたな。 今年も全国的に熊の出没が多いようなので、薄暗くなってからの行動は...

記事を読む

夏の終わりにあの渓へ。(南会津フィッシング&キャンプへ行きましたな)前編

今年はですね、「8月は釣りをしない」という個人的決め事を反故にして、最低でも3日間は必要であろうフィールドを探索する計画を立てていたのであります。 しかし生産性や合理性を一片たりとも感じられない仕事に、その日程は潰されてしまったのですな。 そしてとうとう9月となってしまいました。 精神的限界も近づいている事を感じたワタクシは、辛うじて確保した連休を利用し、南会津へと向かうことにしたのであ...

記事を読む

今期2度目の湯川へ。癒しと驚きを得ること

戻り梅雨もありましたが、夏らしく暑い日々が続いておりますな。 様々な条件が重なって、夏休みは確保できないことが確定したOSSANであります。 そんな当て所ない怒りと失意のなか、7月最後になるであろう釣行チャンスが巡って来ましたな。 せめて涼しく、尚且つ日帰りの可能なフィールドへ・・・今季二度目の奥日光・湯川へ参ることにいたしました。

記事を読む

木曽路遥か(後編)

(いつも通りの)寂しい釣果ではありますが、初フィールドで初のアマゴを手にすることが出来ました。 汗をかき続けたことで活動エネルギーも枯渇寸前となっており、この辺りで満足しておいた方が良さそうであります。 15時前には釣りを切り上げ、予約していたキャンプ場へ向かうことにしましたな。

記事を読む

木曽路遥か(前編)

世の活動が元に戻りつつある昨今、我が勤め先のブラック体質も復活しております。 有給を取らせない為のプレッシャーは、そのうち完膚なきまでにやっつけるか、無視してやろうと考えておりますな。 人生の佳い時間はそれ程長くはないのです。

記事を読む

奥日光・湯川へも行っておりましたな。

フライ・フィッシングの輝く時は短いものだと、近頃はその想いばかりに囚われておりますな。 禁漁期があり四季があり、空のご機嫌や生業との兼ね合いもあり・・・時の過ぎ行くのに焦りが増すばかりであります。

記事を読む

鬼怒川リベンジに失敗&謎の美渓へ突入していたこと

この釣行に関して、どうもモヤモヤが晴れておりません。 しかしどんどん今シーズンの計画をこなして行かねばなりませんので、忘れないうちにメモとして残しておくことに致しました。 釣行記としてのエントリが前後しておること、ご容赦くださいませ。

記事を読む

里見さんのフライフィッシング・スクールに参加してみましたな。

里見さんのフライフィッシング・スクールに参加してみましたな。

記事を読む

鬼怒川支流でドボン&宿題の提出をしてきましたな

ちょうど今から2年前。 非常に悔しい思いをした、鬼怒川の支流へ行く事にしましたな。 当時はフロータント類を全て忘れてきたり、買ったばかりのフライ・ピットを紛失したりと、到底ベストな状態でない勝負を強いられたのでありました。 まぁ自分が迂闊なだけなのでありますが、同時期に再訪し「借りを返す」つもりでありましたな。

記事を読む

野州と信州の里川を楽しんできたこと

シャツ一枚で暑く感じるような日もあるのに、そうかと思うと雪代や残雪を考慮しなくてはならない情報もあったり。 大型連休や仕事の絡みもあって、どうにも出かけるタイミングを計りかねている近頃であります。 ある日、情報収集中に見つけた川が気になりましたな。 片道二時間程と距離的にも手頃。人里で危険も少なそうということもあり、今年の計画には無かったその川へ行ってみることにいたしました。

記事を読む

中古ロッドのコルク・グリップへ愛と潤いを注入すること。

遅まきながら、ネットオークション(国内・海外)の釣具もチェックするようになりましたな。 最初は「どこぞの知らぬ人から手に入れる釣具とは、一体どうなってしまうものか・・・」と、決済も含めてドキドキなのでありました。 しかし一度そのラインを超えてみれば、興味のある品が安価に入手できたり、それらタックルの一つ一つの傷の経歴に思いを馳せてみる楽しさ等があることに気付いたりしております。

記事を読む