フライフィッシング一覧

鬼怒川支流でドボン&宿題の提出をしてきましたな

ちょうど今から2年前。 非常に悔しい思いをした、鬼怒川の支流へ行く事にしましたな。 当時はフロータント類を全て忘れてきたり、買ったばかりのフライ・ピットを紛失したりと、到底ベストな状態でない勝負を強いられたのでありました。 まぁ自分が迂闊なだけなのでありますが、同時期に再訪し「借りを返す」つもりでありましたな。

記事を読む

野州と信州の里川を楽しんできたこと

シャツ一枚で暑く感じるような日もあるのに、そうかと思うと雪代や残雪を考慮しなくてはならない情報もあったり。 大型連休や仕事の絡みもあって、どうにも出かけるタイミングを計りかねている近頃であります。 ある日、情報収集中に見つけた川が気になりましたな。 片道二時間程と距離的にも手頃。人里で危険も少なそうということもあり、今年の計画には無かったその川へ行ってみることにいたしました。

記事を読む

中古ロッドのコルク・グリップへ愛と潤いを注入すること。

遅まきながら、ネットオークション(国内・海外)の釣具もチェックするようになりましたな。 最初は「どこぞの知らぬ人から手に入れる釣具とは、一体どうなってしまうものか・・・」と、決済も含めてドキドキなのでありました。 しかし一度そのラインを超えてみれば、興味のある品が安価に入手できたり、それらタックルの一つ一つの傷の経歴に思いを馳せてみる楽しさ等があることに気付いたりしております。

記事を読む

養沢で解禁&バンブーロッドデビューでしたな。

長い長いオフシーズンをやり過ごし、待ちかねた季節がやってきました。 今年の初釣りは、養沢毛鉤専用釣り場へ参ることにしておりましたな。

記事を読む

ヘイ マスター、Hardy Fetherweightをお代わりだ!(初めてUSEDリールを手に入れること)

最初はホンの出来心と申しましょうか・・・初めてのUSEDリールを手にしてしまいましたな。 長〜い歴史を誇るHardyのリール。 現有しているフェザーウェイト(K製)と、古いタイプの Feather weight(E製)で、ナニがどのように異なっているものか。 気になり始めると止まれなくなってしまうのは悪い性質(タチ)であります。

記事を読む

釣行ダイジェストですな。虹鱒もマジメに追っかけておりました。

すっかり寒くなってまいりましたな。 気がつけば今年も残り僅か。 「真夏の個人的禁漁」から明けて後、方々へ赴いて悶絶してきた記録をダイジェストしてしまいますな。

記事を読む

梅雨真っ盛り(?)の上野村・毛ばり釣り専用区でトレーニングですな。

「なんでいつもいつも、こうなるのかなぁ・・・」 周囲に誰もいない事を良いことに、汗と雨でずぶ濡れの体を揺すりつつ男は独り言ちた。 その谿も多少の増水を感じさせるものの、道中覗きこんだ本流筋よりは大分マシだったのだ。 朝の受付でも上流のダムの放水は話題とならなかったはずだ。 だが昼食を終えて再度渓へ降り立つと、落ち葉の混じる白っぽい濁りは更に強まって、水底はすっかり窺えなくなっていた。 ...

記事を読む

で、ちゃんと釣れたのかい? ~三日目~ 良い渓に巡り会えたこと。

二日間ともに、「最後の最後に一尾だけ!」という、非常にオモシロ辛い状況となってしまいましたな。 足を滑らせての大腿部打撲と、加速付きの体重を支えてしまったせいで身体の上半身までもが痛みます。 それでも騙し騙し、何とか釣りを続行していたのでありますな。 もっと粘れば釣果を伸ばすことも出来た(ハズ!)でしょうが、車へ引き返すまでの県道では足元がフラつくほど消耗してしまっておりました。

記事を読む

こりゃダメだ撤退だ! 〜二日目〜 ガタガタになるまで釣り続けても一尾だったこと

予想しなかった(なんでだ?)厳しい結果と山肌の昇降を強いられ、初日からヘトヘトになってしまいましたな。 しかし遠征釣行は始まったばかりであります。 明日赴く奥会津の渓が今回の本命なのである・・・と気持ちを切り替え、初日の釣りを切り上げることにいたしました。 車の窓を全開にして風の匂いや田畑の景色を楽しみながら、数十分をかけ今夜の野営地へ向かいましたな。

記事を読む

南会津でフライフィッシング&キャンプしてきましたな。〜初日〜 人気の美渓に洗礼を受けること

俄かに職場が慌ただしくなり、いくつも計画していた釣行を諦めざるを得ない状況となっているこの頃であります。 アソコへ行こう、ここも行こう・・・予算配分に呻吟しつつも、まだ見ぬフィールドと渓魚たちへ思いを馳せていた時が懐かしく感じます。 そんな中でムリヤリに連休を調整し、会津方面へキャンプ&釣行へ行ってまいりましたな。

記事を読む

ふたたび湯川へ。シルクラインの産湯を使いに行ったこと。

前回釣行からそれほど日を空けず、奥日光・湯川へ行ってまいりましたな。 過去記事を見返してみると、ネイティブフィールド・デビューとして訪れたのはもう3年前。 湯川はワタクシにとっても、特別な場所なのです。

記事を読む